高校生になった長男のお弁当作りに苦戦します

自転車買取

長男が4月から高校生になりました。
毎日お弁当作りに頑張っています。

幼稚園から小学校、中学校はたましかお弁当がいらずでしたが高校は毎日なのでネットで調べたり先輩ママさんにアドバイスもらったりと勉強しています。

お弁当ノートを作成して毎日使った食材を書いたり、参考になるおかずをメモして役立てています。
まだ三回しか作っていませんが毎日携帯から写真も撮り毎日同じものにならないようにと気を付けています。
でも食材を上手く活用して同じものでも違う風にアレンジ出来るようにもしています。

二日目のお弁当作りが終わり、さて今から頑張っていけると確信していた矢先に息子から思わぬ言葉が出てきました。それは私にはショックな言葉でした。

私の作ったお弁当は不味いでした。夕飯の時に息子ど少し口論になりました。

私も黙っていれば良かったですが、あれだけやる気になり頑張っているのにと気持ちが下がりました。

高校はお弁当の時間は自由な場所で食べれるし学食も利用出来ます。

息子は友達と毎日食べているみたいですが友達と食べると、もちろんお弁当が友達に見られますが私は別にみられてもおかしいような、お弁当を作ってるつもりはありませんが友達からマヨネーズの付け方がいい加減と言われたようで私も反省して気を付けるようにしました。

そんなたわいもない事が嫌で言うのか?は分からないですが、ちょっと気になり私も作る気が無くなりましたが息子は学食に行くとも言わないので今からも頑張って作ろうと思います。

息子も高校に入ったばかりで馴れない環境でお弁当を食べる量もあまり食べれないみたいでしたから仕方がないかな?とは思います。

慣れてきたら大丈夫かな?とは思いますが環境の変化でだと信じて頑張って作りたいと思います。
母と息子の関係は今から息子が成長していくうえで色々と問題もあるとは思いますが頑張っていきます。

バタバタと奔走する毎日。

5年前にシングルになりました。
年子の男の子がいます。一才、2才の時は仕事をしていても何とかなり、おばあちゃんに預かって貰っていた分、手はかかりませんでした。

成長するにつれ、お金はかかり、必要な物が増え、不安がどんどん増してきました。私、一人だし、分からない事ばかり。

両親揃っていて、おじいちゃん、おばあちゃんが若いってゆうのが無い物ねだりですが、羨ましかった。仕事を掛け持ちして、ちょっとの具合悪い位ならマスクして幼稚園に行かせて…本当は抱っこしてお休みしていたい日もあったよね?

でもどれだけ仕事をしていても、先々でどのくらいお金が掛かるか分からないから不安で仕方ない。パート2つじゃ正直たりない。もうずっとそんな事しか頭にない。遊んであげたい。

沢山色んな所に連れていきたい。でもなかなか叶える事が出来ない。

そして、とうとう始まってしまった。小学校。
物を揃えるのも、名前を書き終えるのもギリギリになってしまった。

本当は、お赤飯にケーキでお祝いしたい。

でも、「鍵盤ハーモニカ買わなきゃならないんだった」で財布にお金を残したらその余裕はなかった。

冷蔵庫にあるもので、ちらし寿司を作って、スパゲッティーとトマトのサラダが食べたいのリクエストにやっと答えた感じである。

とっても情けない。昔の私だったら「みんなに祝って欲しい」と思ったんじゃないか?

机だって買っていない。夢が広がるはずの大切な物なのに、我慢させちゃってごめんね。

でも君達の元父親からは養育費などは貰ってない。だから、私が1人何役もこなして、しっかり道を作らなきゃいけないんだ。

時々寂しくなっちゃうだろうけど、二人の事、凄く大切で愛しているからね。ずっと味方だよ。

戸建て用宅配ボックス

働くシングルマザーを見て

スーパーの食品レジ売場の同僚にはシングルマザーが多くいた。正社員で働くには職が見つかりにくいから、手軽に働ける場所を選ぶとスーパーのレジになってしまうのだろう。

長時間勤務を選べば、社会保険加入もできるので、スーパーのレジとはいえ、メリットがあるのだろう。

しかしながら、土曜日は保育園が半日で終わってしまうし、日曜日はお休みである。預け先に困ってしまう。大半の方は実家の協力を得て、面倒を見てもらい働きに出てくる。

きっと子どもと土日ぐらい一緒に過ごしたいだろうな、と思うが時給制の為、賃金の加算がある土日はがんばって出勤してくる。同じく年末年始やお盆なども一緒だ。

自分も子どもがいる身なので、子どもと一緒にいたい気持ちはよく分かる。生活が自分にかかっていると働かざるを得ないのはやはり大変だと傍から見て感じている。

スーパーの食品レジ売場の同僚にシングルマザーがいる。市営住宅に住み、下の子どもを一歳から保育園に預け、上の小学生の子どもは学童に通わせ働いている。

土日は保育園や学童に通わせるのはかわいそうだし、ということで実家に協力を得て面倒を見てもらっている。

出来れば土日のどちらかの休みを望んでいるが、時給の加算もあるし、スーパーという職場の都合上毎週休むわけにもいかないので、土日の両日に働きにくることはよくあることだ。

休みの日はたまった家事を済ませると、一日が終わってしまうという。それもそうだろう、社会保険加入なので時間はパートとはいえフルタイムに等しい。

いつも清潔感をもってきれいにしているが、自分の物はあまり買わないという。子どもの為に学資保険にも入って、少ないながらも将来の為に貯蓄もしているという。養育費はすぐに途切れ、今はないという。

働きながら一人で子どもを育てるのは大変だろう、と感じる。それでも、子ども2人と3人で過ごす今が幸せと彼女は笑う。

一家の大黒柱となって大変だろうけど、離婚した方が彼女にとっては幸せだったんだな、とがんばって働く彼女を見て思った。

最後に、離婚関連のサイトをご紹介します。「離婚とシングルマザーと子育てです。

このサイトはタイトルの通り、離婚を経験されたシングルマザーの方々の子育てや離婚経験談、仕事、保育園などのことを日記形式で紹介しています。

シングルマザーの方で興味ある方は是非チェック下さい。きっと共感できる日記が見つかる思います。

リフォーム見積

長男のパパへの気持ち

パパと会わなくなってちょうど1年。今までパパに会いたいと何度も口にしていた長男でしたが、今までは長男がパパ大好きだよって気持ちを持っていると必ずパパに伝わって会える日が来るよと伝えてきました。

たまたま離婚する前に家族でよく訪れたアンパンマンミュージアムのCMを見て、遠方である名古屋のアンパンマンミュージアムに行きたいと言い出したため、そこは少し遠いから神戸のアンパンマンミュージアムに行こうよと言うと、だってそこはパパと何回も行ったもん。パパには会われへんもん!と。

その言葉が胸に突き刺さって何と返していいのか言葉に詰まった・・

多分もう会うことはないだろうと思いつつ、でも長男の中のパパを悪者にするわけにもいかず、いつか会えると言ったあたしの言葉は無責任な言葉だったのだろうか・・ もうすぐ5歳の誕生日を迎える長男。

まだ本当のことを話しても理解できないだろうと思っていたけど、子どもながらに理解はしてるのかな。あたしも長男のパパへの気持ちに向き合うことになるのは、そう遠いことでもなさそう。

次男が1歳4ヶ月の時に別居したため、次男の記憶にパパという記憶は一切ない。そのため言葉を喋るようになると“ママ”の次位に“パパ”と出てくるだろうが、次男に至っては“ママ”の次に出た言葉は“ばぁば”だった。

パパというものは一切存在しない。そしてあたし達大人も“パパ”という言葉を無意識に避けていたと思う。
私は私の実の姉の家族と仲良いため、お互いの家をしょっちゅう行き来しているため次男がパパと認識した人は姉の旦那様。

私にとって義兄になり息子達からは叔父にあたる。義兄も子ども好きで男の子に恵まれなかったからなのか、本当によく遊んでくれてかわいがってくれている。次男は義兄を見ると『パパー!!』と喜び叫んで抱っこをせがんでいる。

その姿を見ると複雑な気持ちになってしまう。
本当のパパの記憶がある長男と記憶のない次男。どっちがいいのかな?でも、私は心の底で長男からパパの記憶が消えてくれたらいいのに・・って思ってるダメなママなんだな・・

いつか必ずやってくる本当の事を話する日までに、強いママになって息子達に正々堂々と向き合えないとね!
二人ともみんなに祝福され愛されて産まれてきたこと。お金という形でしか表現できないパパの愛情も。これはいつまで続くか
分からないけど・・
いつかきちんと伝えたいな!