働くシングルマザーを見て

スーパーの食品レジ売場の同僚にはシングルマザーが多くいた。正社員で働くには職が見つかりにくいから、手軽に働ける場所を選ぶとスーパーのレジになってしまうのだろう。

長時間勤務を選べば、社会保険加入もできるので、スーパーのレジとはいえ、メリットがあるのだろう。

しかしながら、土曜日は保育園が半日で終わってしまうし、日曜日はお休みである。預け先に困ってしまう。大半の方は実家の協力を得て、面倒を見てもらい働きに出てくる。

きっと子どもと土日ぐらい一緒に過ごしたいだろうな、と思うが時給制の為、賃金の加算がある土日はがんばって出勤してくる。同じく年末年始やお盆なども一緒だ。

自分も子どもがいる身なので、子どもと一緒にいたい気持ちはよく分かる。生活が自分にかかっていると働かざるを得ないのはやはり大変だと傍から見て感じている。

スーパーの食品レジ売場の同僚にシングルマザーがいる。市営住宅に住み、下の子どもを一歳から保育園に預け、上の小学生の子どもは学童に通わせ働いている。

土日は保育園や学童に通わせるのはかわいそうだし、ということで実家に協力を得て面倒を見てもらっている。

出来れば土日のどちらかの休みを望んでいるが、時給の加算もあるし、スーパーという職場の都合上毎週休むわけにもいかないので、土日の両日に働きにくることはよくあることだ。

休みの日はたまった家事を済ませると、一日が終わってしまうという。それもそうだろう、社会保険加入なので時間はパートとはいえフルタイムに等しい。

いつも清潔感をもってきれいにしているが、自分の物はあまり買わないという。子どもの為に学資保険にも入って、少ないながらも将来の為に貯蓄もしているという。養育費はすぐに途切れ、今はないという。

働きながら一人で子どもを育てるのは大変だろう、と感じる。それでも、子ども2人と3人で過ごす今が幸せと彼女は笑う。

一家の大黒柱となって大変だろうけど、離婚した方が彼女にとっては幸せだったんだな、とがんばって働く彼女を見て思った。

最後に、離婚関連のサイトをご紹介します。「離婚とシングルマザーと子育てです。

このサイトはタイトルの通り、離婚を経験されたシングルマザーの方々の子育てや離婚経験談、仕事、保育園などのことを日記形式で紹介しています。

シングルマザーの方で興味ある方は是非チェック下さい。きっと共感できる日記が見つかる思います。

リフォーム見積