お手本にしたい!マンション購入、そして売却の上手な方法

私の昔からの友達がマンションを購入し、そして先日売却しました。

経緯はこんな感じです。

友達は結婚を機にマンション購入を決断。
将来的には旦那様のご両親との同居の計画があったので、それまではせめて実家の近くに住みたいと、実家のある市内で探していました。
そして購入を決意したのが、駅から徒歩1分。走れば雨でも傘がいらないような超駅近。
もちろん新築、間取りは充分の広さがある3LDKで南向き。

そのマンションを、購入して9年後に売却しました。
旦那様の実家を立て直して二世帯住宅にし、引っ越すことになったのです。

これは、購入当初からの計画通りとのことでした。
マンションは立地や間取り、築年数で大きく価値が変動します。
それを充分承知していた友人は、資産価値が最も下がりにくい急行が停まる駅から近い物件、そして需要が高い3LDKを購入し、マンションの価格が一気に下がりだす築10年に至る前に売却したのでした。

具体的な数字は聞いていませんが、購入したマンションの周辺は少し駅周りが新しくなり、ショッピングモールができて便利になったので地価が暴落することもなく、購入した価格とほぼ同じ値段で売却が成立したそうです。

マンション購入と売却には手数料がかかります。
ローンを組んだ時や保険料も、もちろんかかります。
購入すれば当然固定資産税も払うことになります。子供の悩み

それらを差し引いても、購入とほぼ同価格で売却した友達は、賃貸で9年間同条件のマンションに住み続けるよりも随分と出費が少なかったことでしょう。

すごいなと素直に感じました。
やはり、不動産を購入する時は、ずっと住み続けることが前提だったとしても、資産価値が将来的にどうなるのかは考えなければなりませんよね。

人生何があるかわからないし、いざと言う時すぐに買い手がつきそうな人気の不動産ならば、ローンを組んでも「どうにもならなくなったら売れば良い」という手段があるので気が楽です。

友達の見事な売却を見習いたいと思いました。